よくある質問

テレビ

Q1-1.複数台のテレビがある場合、全てのテレビでケーブルテレビが視聴できますか?
A1-1.地上デジタル放送、および自主放送は全てのテレビで視聴することができます。



Q1-2.STB(セットトップボックス)とは何ですか?
A1-2.STBとは、ケーブルテレビ専用のデジタルチューナーで、多チャンネルプランの番組をご覧いただくために設置するものです。標準機能のSTBのほか、録画機能付のものもあります。



Q1-3.BSデジタル放送はどのように視聴できますか?
A1-3.ぎんざんテレビのSTBを設置すると、接続したテレビでBS放送が視聴できます。
または、BSパラボラアンテナを設置することでも、BSデジタル放送が視聴できます。



Q1-4.テレビが映らず、「B-CASカードが・・・」というメッセージが表示される。
A1-4.テレビに挿入されているB-CASカードを引き抜いて、ホコリを拭き取ってから再び挿入してください。 (B-CASガードはテレビの側面や背面に挿入されています)レコーダーやSTBなどの機器にもB-CASカードが挿入されているので、それぞれご確認ください。


インターネット

Q2-1.インターネットだけの加入はできますか?
A2-1.できます。放送サービスに加入していなくても、インターネットのみの契約が可能です。



Q2-2.プロバイダ契約は必要ですか?
A2-2.ぎんテレネットの場合はぎんざんテレビがプロバイダとなるので、必要ありません。
ぎんテレ光をご契約の場合は、別途プロバイダ契約が必要です。



Q2-3.複数台の端末で利用できますか?

A2-3.市販のルーター、またはオプションのWiFiルータ機能付きモデムを利用することで、複数台の端末にインターネットを接続することができます。



Q2-4.ネットゲームはできますか?
A2-4.ぎんテレネットの場合はプライベートIPアドレスでのサービス提供なので、ゲームの種類によって、できるものとできないものがあります。グローバルIPアドレスが必要な方にはオプションとして提供しています。



Q2-4.ウイルス対策はどうしたらよいですか?
A2-4.インターネットを利用する上で、ウイルス対策は必要不可欠です。
市販のセキュリティソフトを導入していただくか、ぎんざんテレビのセキュリティサービス(オプション)をご利用下さい。



Q2-5.ホームページは作れますか?
A2-5.ぎんテレネットをご利用のお客様には、ホームページのための容量を提供しております。
公開するホームページのアドレスは、http://www.ginzan-tv.ne.jp/~(webアカウント)/ となります。



Q2-6.ぎんテレネットとぎんテレ光の違いはなんですか?
A2-6.ぎんテレネットはケーブルテレビの回線、ぎんテレ光はNTT西日本の光回線を使ったインターネットサービスで、工事内容・設置する機器等が異なります。また、ぎんテレ光の場合はプロバイダ契約が別途必要なこと、契約可能なオプションが異なる点などがあります。

ぎんテレmobile(モバイル)

Q3-1.ぎんテレモバイルの契約に条件はありますか?
A3-1.大田市内にお住まいの方なら、どなたでもご契約できます。



Q3-2.契約にあたって準備するものはありますか?
A3-2.本人確認ができるもの(免許証など)の写しが必要になります。また、今の電話番号を引き継いでご利用する場合は、MNP予約番号が必要になります。



Q3-3.いま使っているスマホは利用できますか?

A3-3.ドコモ製のスマホ、またはSIMフリー版のスマホであれば、ぎんテレモバイルでそのまま利用できます。



Q3-4.iPhoneは使えますか?

A3-4.ドコモ版、またはSIMフリー版のiPhoneであれば、ぎんテレモバイルで利用できます。



Q3-5
.利用明細は確認できますか?
A3-5.利用明細の発行は行っておりませんが、ぎんテレモバイルをご利用の方には1回線ごとに「マイページ」が開設され、ログインすることで通話料の確認や当月の残りの通信容量をご確認いただけます。



Q3-6.メールアドレスは使えますか?

A3-6.携帯電話会社が提供するメールアドレス(***@docomo.ne.jp/***@ezweb.ne.jp/***@softbank.ne.jp)はご利用できません。Gメール(***@gmail.com)等の無料で取得できるメールアドレスをご利用ください。



Q3-7.LINE(ライン)は使えますか?

A3-7.一部の機能(ラインID検索)が利用できませんが、そのほかの機能は問題なく使えます。今までのLINEアカウントも引き継ぐことが可能です。



Q3-8.電話帳データの移行はどうすればいいの?

A3-8.ぎんざんテレビのスタッフがサポート致します。
  ※移行元の端末によっては、データの移行ができない場合があります。

音声告知

Q4-1.音声告知の緊急情報とはどんなものですか?
A4-1.全国瞬時警報システム(J-ALERT)により、気象庁発表の津波情報や緊急地震情報、内閣が発表する弾道ミサイル情報などを放送します。このほか、大田市消防本部や大田市危機管理室から地域の洪水、土砂崩れ、火災などの情報があります。



Q4-2.音声告知放送での放送依頼はどうしたらいいのですか?
A4-2.お申込用紙がありますので、ぎんざんテレビへお問い合わせください。また、当ホームページからもお申込みいただけます。
お悔み放送のお申込みについては、仁摩・温泉津各支所の窓口に申込用紙があります。また、各葬儀業者も窓口となっています。



Q4-3.電源ランプが点滅しているのは故障ですか?
A4-3.電源ランプが点滅するのは、機器の中に入っている乾電池が切れている合図です。
乾電池の交換をお願いします。(1年に1度の交換が目安となります。)



Q4-4.お知らせランプが点滅して、放送が鳴らなくなった。

A4-4.ケーブルの接触不良などが考えられます。ぎんざんテレビまでご連絡ください。


工事

Q5-1.どんな工事をするのですか?
A5-1.下の図のように、軒下に保安器を取付け、近くの電柱から同軸ケーブルを引込み、保安器で固定します。そこから契約内容に応じて、テレビ放送用のケーブルと通信用のケーブルを入線し、それぞれテレビ、音声告知、モデムへと接続します。
 また、ぎんテレ光の工事の場合は、NTT西日本の光幹線から光ケーブルを宅内に引き込み、光コンセントを介して光ONU等の機器と接続します。
ぎんざんテレビの工事例



Q5-2.UHFアンテナやパラボラアンテナは必要ないの?

A5-2.地上デジタル放送をご覧いただく為のUHFアンテナは必要ありません。衛星放送をご覧になる場合は、STB又はパラボラアンテナが必要になります。



Q5-3.同軸ケーブル引込工事・通信工事・宅内工事は、それぞれいくらかかりますか?

A5-3.同軸ケーブル引込工事は、ぎんざんテレビが敷設する同軸ケーブルから加入者宅の保安器までの配線工事を指し、20,000円(税抜)の一律料金です。
通信工事は、保安器からインターネット用のモデム設置までの工事を指し、500円(キャンペーン価格・税抜)の一律料金です。※光ケーブル工事代は0~18,000円(税抜)で、宅内の状況により異なります。
宅内工事は、保安器から各テレビ端末までの配線にかかる工事で、住宅の状況により異なるため、個々にお見積りをさせていただきます。


その他

Q6-1.賃貸住宅ですが、加入はできますか?
A6-1.賃貸住宅の場合は、まずは家主様に加入ができるかご相談下さい。
契約や工事はそれぞれに異なりますので、詳しい内容はぎんざんテレビまでご相談ください。



Q6-2.転居のときはどうすれば良いですか?
A6-2.転居の際は、事前にぎんざんテレビまでご連絡下さい。
転居先でも加入の継続をご希望の場合、移設工事が必要となります。詳しくはご相談ください。



Q6-3.料金の減免制度はありますか?
A6-3.同軸ケーブル引込工事代、基本チャンネルプラン利用料については減免制度があります。減免の対象、申請方法等の詳細はご相談下さい。



Q6-4.NHK受信料はどうなりますか?
A6-4.石見銀山テレビ放送の利用料金にNHK受信料は含まれておりません。ただし、ぎんざんテレビを通して受信料をお支払いする「団体一括支払い」のご利用で、衛星カラー受信料が割引料金でお支払いになれます。
NHKの受信料に関するお問い合わせ先
NHK松江放送局・営業部  電話:0852-32-0702(平日9:00〜18:00)



Q6-5.家を新築・改築する時はどうすればいいの?
A6-5.家を新築される場合は工務店様とご相談の上、ぎんざんテレビにもお早めにご連絡下さい。
  また、音声告知、インターネットをご利用の場合は、設置場所をあらかじめ工務店とご相談ください。



Q6-6.解約や休止をするときはどうすれば?
A6-6.解約の際は、解約届が必要になります。
サービスの一時休止の際は、利用停止時・再開時に手数料(各 2,000円(税抜))が発生します。


scroll-to-top